2012年9月 8日 (土)

今読むべき本(1) 児玉龍彦

2011年3月の大震災と福島原発事故から、1年半が過ぎた。

この夏は福島の様子を見に行こうと思いながら、猛暑で、体力に

自信がなく、過ぎてしまった。

 今の時点で、原発被害の問題は何かと、単純化して、わかりやすくいえば、

次の三点であるといおう。

 ①直接的外部被曝が落ち着いた(福島の限定された当該地域をのぞく)現在においては、それはよいとして、広範囲にわたる、微量放射線物質の体内被曝(内部被曝、食品や飲料からの被爆)にどう対処するか。その将来にわたる被害と、防御策はどうすればよいのか。(これは本来、データと専門家をもち、その役割が課せられている、国が明確にすべきことだ!)

 ②福島第一原発の後処理に当たっている、労働者の被爆の実態を明らかにし、日本人全体のものとして、どう考えるのか。(もろろん彼らは、被爆によりDNAを切断されることを知っているはず。しかし、後処理に必須な人間である以上、すべての日本人と無関係でない。結婚などにおける、「差別」が生じるのは、ある意味で必然である。これも、本来、国が対処すべきことである。)しかも、これが今後福島だけでも十年以上は続くのである。のべ、何人の人員が投入されるか、その人たちの、後遺症、差別、遺伝子の障害は、日本全体に広がるのである。

③国の態度と、マスコミの態度について

 福島の重大事故を受け、原子力規制委員会が、いわゆる「原子力むら」から独立して、つくられた。その趣旨はよい。しかし、不可思議なことに、その規制委員会の委員が、原子力むらの人間になるという、馬鹿げた人事案が作られ、国会承認を受けるまでになっいた。しかるに、あの野田は、付則を楯にとり、国会の承認をうけずに、「任命」という暴挙にでた。委員長の田中は、5年の任期、かなり「独立的に」、国会のコントロール(国民からのコントロール)をうけずに、規制委員会委員長に居座り続けるという、法治国家にあるまじき、事態になっている。 100mSvまでは、許容範囲という、例の問題発言で、さすがに、猛反発と議論を、かもした、張本人が、特権的な委員長に、国民の信をうけずに、いったい何をやるのか。(状況は明確である)。そして、あと1年も野田が、総理大臣?に居座り続ける、という悪夢も想定内になるのか!

 必然的に、不思議に思うのは、マスメディアは、なぜ、このことを第一に取り上げないのか?? ということだ。このマスコミの態度に、No!といおう。以上の、重大な問題を、真っ先に、とりあげるマスコミ(ミニコミ)を評価し、応援と支援をしなければいけない。現在の事実を知り、将来にわたって、責任ある態度を大人がとらなくて、どうして、日本の未来があるのか。それは、マスコミの仕事でもあるはずだ。

私も、この1年半、沈黙してしまったが、60歳をすぎ、この国で、恩を受けて、教育を受けて、その立場であれば、多くの皆様に、恩返しをしなければ申し訳ない。(まわりを見渡すと、知識人の多くは、無関係を装って、身の安泰を図っている。恥ずかしことだ。)

 放射線と人体への影響について、勉強を始めた。なかなか、いろいろな意見や、事柄があって、理解が進まない。それでも、ゼロから、始めて、みなさまに、勉強の「成果」をわかりやすく、書き出したい。

 

 まずは、児玉龍彦氏だ。 内部被曝の真実(満身の怒りとこめた、国会答弁の記録)

 幻冬舎新書 から読みだそう。インターネットでも、氏の、満身の怒りを込めたメッセージ

が国会で、述べられて、その動画も見られるが、整理して、書かれた、この本が、まず、

理解の糸口になる。

 新書なので、手軽に買える。みなさんも、入手していただけるとよいとおもいます。

                                   FujiT

Dscf2333_1

2011年3月30日 (水)

原発事故と放射能汚染

 今回の事態に、黙っていられませんので、書き出します。

 実は私は、化学の教員です。原発事故は、いずれは起こる

ものとして、心配していたのですが、震災、大津波と、悲惨な

状態と一緒になっておこるとは、と、残念でしかたがありません。

津波を想定していなかった、福島原発に問題があるのは明らか

ですが、いまや事態はどんどん進展していて、国内だけでなく、

地球全体の問題になってしまいました。そんなとき、東電の社長は

入院とかです。

 今回の大地震のとき、まっさきに危惧していたのは、原発は大丈夫か?

ということでした。しかし、東電と政府は事態を、隠し、情報を小出しにして、安全で

はあるが、、、といい続けて、ここまでひどい状況になってしまいました。

 核分裂によりできる放射性の元素が、きわめて多量に放出され続けています。

 後手後手の対応で、事態は悪くなり、長引くばかりです。

 政府は、風評被害を起こさないようにといい、それをいいことに、正確な

情報をつかんでも、発表をしないで、ごまかしているのがありありです。

 テレビに出てくる、大学教授の専門家も、安全性に関すると、かなり腰が引けた

いいかたで、危険性を具体的に強く訴えることはしていません。

 炉心溶融と、それに触れている水が漏洩していることは、すでに明らかに

なりました。あってはならない事態です。原子炉の本体に何らかの亀裂が

起きていると考えることが普通です。

 原子炉が、炉心溶融を起こしているという事態はあきらかで、そうすると循環水

がまわらず、核分裂を起こす物質がかたまり(マス)になっていることが想定

されます。そのとき、一番恐れられることは、再び「臨界」に達することです。

 原子炉が、(小規模化大規模化、程度の差はわかりませんが)原子爆弾

となってしまう可能性があると考えます。

 専門家が炉心への水での冷却は、絶対不可欠と言っています。これだけの

放射能汚染水をだしても、不可欠と言っている意味を考えてみてください。

彼らはその理由をいいません。疑うならば、それは、再臨界が起こることで

あり、最悪の場合は、原子爆弾化してしまうということだと、思えます。

 ドイツでは、50万人規模の原発反対のデモが起きています。

 ドイツ大使館は東京から大阪に移転しました。 

アメリカも、偏西風により、飛散する死の灰が舞い降りてくる事態です。

 日本を援助したくても、初動体制の悪さから、あきれる態度でみています。

 死の灰を放出している環境への影響でいえば、チェルノブイリ以上の

最悪の事故になると想定されます。なにしろ、まだ放出が止まっていない

わけですし、これから収まる具体的な、見通しが立っていないという

ありさまですから。

 ここまで初動ミスを起こした、政府(首相や官房長官)の罪は、万死に

値するものです。日本は、世界から、評判を大きく落とすことになるでしょう。

それは、自然災害+原発事故+危機管理ができない無能な政府

ということです。世界から、不評を買うのです。地球全体を汚すのですから当たり前

です。

 なぜ、東京でデモが起こらないか? 津波の被害の救援、義援金活動が、当面の

生死に関係しているからでしょう。

 死の灰がまき散らされてしまうということは、それから出る放射能により何年後かに

ガンになるリスクが、高まるということです。地域により、職場によりますが、たしかに

すぐには死なないでしょう。しかし、国民のガン死が10年後以降に現在よりも増加する

ことは間違いないでしょう。それを、受忍する国民であるということでしょうか。

 私は「風評被害」を起こすつもりはありません。以上の意見、考えに、反論、疑問、訂正、間違いがあるのならば、具体的にコメントを入れてください。お待ちしております。

 

 一番怖いのは、プルトニウムが飛散し、細かい粒子でホコリのようになって、

 肺に入ること。肺胞の先までいけば、もう取り出しようがありません。そうすると

半減期が、人間の寿命よりはるかに長い核種が、α線を出しつづけ、その部分を

ガン化する確率が高くなります。これからは、早期の肺がん検診がはやるかも

しれません。微細な肺がんとして、転移せずに、切除すれば、命は助かるのですから。

ですから、マスクの着用が必ず必要です。とくに野外で作業をする人や、風の強く、

ホコリが舞うようなときは、厳重に注意してください。

 放射性ヨウ素は、半減期が8日ですからつぎの対策でよいと思います。日本人は、海草など、ヨウ素を普段から多くとっています。しかし、乳児、子供は甲状腺に取り込みやすく、チェルノブイリでは10年後あたりに、甲状腺ガンを発症して、切除手術がだいぶ

行われました。予防策としては、牛乳に濃縮されるので、汚染地の牛乳は(とくに子供は)飲まないこと。しかし、ヨウ素漏れが収まって、1ヶ月たてば、半減期から考えて、

牛乳もまた飲めるでしょう。いうまでもなく、半減期ということは、ヨウ素が(放射能をだして)別の原子に半分がなる時間のことです。別の原子になれば、もうヨウ素ではないので

すから、甲状腺にはとりこまれません。

 環境中にヨウ素が放出され続けられた場合はどうするか、これに対しては

安全なヨウ素を大量に含む食品をとることです。そうすれば、放射性のヨウ素がでて

いても、体はそのなかから一定割合で、ヨウ素を取り込みますから、放射性のヨウ素

が、甲状腺などにいく「割合」が低くなり、安全性が高くなります。

 ヨウ素を大量に含む物質としては、昆布が有名で、他を圧しています。だし取り用の

昆布を、少量づつ、食べ続ければ、かなり安全になります。

 水道水に含まれるのを、活性炭を入れて取り除いて、という方法もあるでしょう。

活性炭は、いろいろなものを吸着します。水にも、空気にも、炭(活性炭)が

おいてあると、安全が高まるでしょう。

  風向きに常に注意してください。東京では、北風が吹けば危ない。雨のふりはじめは

とくに危ないですが、とにかく、体内被曝を受けないこと(食品、飲料、空気)に気をつけて

ください。原発や放射能のことを、すこし勉強して、情報を自分で考える、想像する

予想する、そういうことが大事です。

 放射線の線量を測定する装置は、これから、家庭に一台必要という時代になります。

そして、原子力発電に依存せず、安全に、自然と一緒に、過ごせるように、だれもが

幸せに、格差や差別(原発で働いている労働者は差別された下請けです)がない、

社会を目指しましょう。

                            FujiT

なくなり別の原子になる減期

ので、乳児は 

2011年3月21日 (月)

大震災の募金風景など

3月11日は、大震災、大津波、そして原発事故の日に

なった。その後の被害の様子や、避難者の、困難さを見聞き

するために、心が痛みます。

 新宿で、中古カメラやジャンクカメラを買って楽しんでも、

風景として、募金活動などをつい写してしまいます。

南口で、岩手出身の若者たちが集まって、募金活動を

必死でやっていました。

話をすると、陸前高田高校の出身者が多く、学校は

津波の被害で大損傷とか。また、釜石出身の女性は、

釜石の橋の市場などが壊滅したと、話してくれました。

私も募金して、すこし応援をして、写真を撮らせて

もらいました。

 正直なところ、彼女たちの「かわいさ」も撮りたい

という、ちょっとした下心もありましたが。

Dscn3590

Dscn3591

 3月15日ごろ、アルプス堂で、3150円で入手したもの。

SUPER FRANKARETTE

レンズは、SchneiderのXenar 1:2.8 45mm

完動品で、レンズもきれい。掘り出し物である。

ポジ200を入れて、早速、適当な山勘露出で、とりはじめる。

茶色にくすんだような発色だったが、Xenarの素直な

味わいは感じられた。懐かしいような、風景の写真になる。

柔らかく、懐かしい。素直である。単焦点レンズはやはりきもち

がいい。

Img211

Img220

Img229

Img230

Img232

以上、新宿での風景。Xenar 2.8/45 ポジでの撮影結果。

------------------------------------

一方、ミノルタのAL-Fが500円だった。

 レンズは、ROKKOR 1:2.7 f=38mm

ジャンク品であるが、絞り開放で、シャッター速度を

1/30から1/500 まで変えられて、マニュアル撮影ができる。

電池室が固着して、どうにも開かない。水銀電池が漏れ出し

てしまったようだ。今度、工具や機械を使って、こじ開けを

してみたいが、とりあえず、開放値で使えるのだ。

ネガ400のフィルムを入れて、山勘露出で撮影をして、

その結果をスキャンした。ちゃんと写るところが、おもしろい。

ROKKORレンズは、開放で柔らかい描写をする。

Dscn3592

Dscn3593

Dscn3594

Img249

Img257

Img259

Img272

 最後の一枚は、完全に露出オーバーだったが、スキャンするときに

補正して、ここまで、絵になった。

 

 被災者が、安心して過ごせること、原発がおとなしく収束することを

願いたい。被災者の方々のけなげな態度と、日本人どうしが助け合う

姿が、世界にも感銘を与えていると思う。

                        Fuji T

無料ブログはココログ