トップページ | 原発事故と放射能汚染 »

2011年3月21日 (月)

大震災の募金風景など

3月11日は、大震災、大津波、そして原発事故の日に

なった。その後の被害の様子や、避難者の、困難さを見聞き

するために、心が痛みます。

 新宿で、中古カメラやジャンクカメラを買って楽しんでも、

風景として、募金活動などをつい写してしまいます。

南口で、岩手出身の若者たちが集まって、募金活動を

必死でやっていました。

話をすると、陸前高田高校の出身者が多く、学校は

津波の被害で大損傷とか。また、釜石出身の女性は、

釜石の橋の市場などが壊滅したと、話してくれました。

私も募金して、すこし応援をして、写真を撮らせて

もらいました。

 正直なところ、彼女たちの「かわいさ」も撮りたい

という、ちょっとした下心もありましたが。

Dscn3590

Dscn3591

 3月15日ごろ、アルプス堂で、3150円で入手したもの。

SUPER FRANKARETTE

レンズは、SchneiderのXenar 1:2.8 45mm

完動品で、レンズもきれい。掘り出し物である。

ポジ200を入れて、早速、適当な山勘露出で、とりはじめる。

茶色にくすんだような発色だったが、Xenarの素直な

味わいは感じられた。懐かしいような、風景の写真になる。

柔らかく、懐かしい。素直である。単焦点レンズはやはりきもち

がいい。

Img211

Img220

Img229

Img230

Img232

以上、新宿での風景。Xenar 2.8/45 ポジでの撮影結果。

------------------------------------

一方、ミノルタのAL-Fが500円だった。

 レンズは、ROKKOR 1:2.7 f=38mm

ジャンク品であるが、絞り開放で、シャッター速度を

1/30から1/500 まで変えられて、マニュアル撮影ができる。

電池室が固着して、どうにも開かない。水銀電池が漏れ出し

てしまったようだ。今度、工具や機械を使って、こじ開けを

してみたいが、とりあえず、開放値で使えるのだ。

ネガ400のフィルムを入れて、山勘露出で撮影をして、

その結果をスキャンした。ちゃんと写るところが、おもしろい。

ROKKORレンズは、開放で柔らかい描写をする。

Dscn3592

Dscn3593

Dscn3594

Img249

Img257

Img259

Img272

 最後の一枚は、完全に露出オーバーだったが、スキャンするときに

補正して、ここまで、絵になった。

 

 被災者が、安心して過ごせること、原発がおとなしく収束することを

願いたい。被災者の方々のけなげな態度と、日本人どうしが助け合う

姿が、世界にも感銘を与えていると思う。

                        Fuji T

トップページ | 原発事故と放射能汚染 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516772/39315372

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災の募金風景など:

トップページ | 原発事故と放射能汚染 »

無料ブログはココログ